トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

築竹假名の改刻方針

ad

検索:

キーワード

改刻基本方針

築竹假名は、

  • 読みやすく
  • 原版を損ねない
  • 縦組を基本とするが、横組にも問題ないもの

を目標に改刻しています。

しかし原版が手許にないため、最終的な典拠は1877年発行‘Book of Specimens’(片塩次郎『秀英体研究』収録, p. 396) に加え、近代デジタルライブラリ収録

  • 一葉全集(樋口一葉;博文館刊;明治三十年)
  • 腕だめし(山田美妙;博文館刊;明治三十年)

を参考にして製作しています(*1)。

文字間については、ゆったりとしたプロポーショナルです。目測であるため、基準が設けられません。

*1 内田氏の指摘による